上田地域産業展

城下工業株式会社
城下工業株式会社
会社概要 音響・通信機器の研究開発型メーカー
会社PR 当社は長野県上田市に本社を置く、音響・通信機器の『研究開発型 製造メーカー』です。
大正12年(1923年)に生糸製造所として創業し、昭和36年(1961年)には法人として設立、電線、電子部品製造を経て、現在では音響・通信機器を中心とした電子機器の企画・開発・製造・販売で、自社ブランド商品及びOEM・ODM商品などを全世界にご供給させていただいています。
特に昨今ではプロ音響・業務用通信機器だけでなく、一般向けの旅行用アクセサリー類、オーディオ商品などにも力を入れ、多くの皆様に知っていただける企業・ブランドを目指し、日夜努力をしています。

弊社オリジナルブランドページ(外部サイトへリンク)
・一般向けオーディオ機器ブランド:Sound Warrior
・旅行用アクセサリー総合ブランド:Road Warrior
営業品目 <ヘッドホン・ヘッドセット>
<音響拡声機器:業務用プロ用音響機器・一般向オーディオ機器・通信系音響機器>
<旅行用電子機器アクセサリー>
  <移動体通信利用情報機器(ロケーションシステム)>
URL https://www.shiroshita.com/

テレワークに必須! お仕事に使う本物のヘッドセットのご提案

新型コロナ感染症の蔓延に伴い、日々の仕事の仕方が問われています。テレワークなど新たな働き方が求められ、外部とのWEB会議やウェビナー、ちょっとしたリモート通話などは、重要なコミュニケーション手段として企業内でも大きく位置付けられています。 当社は数十年の永きに渡り業務用ヘッドセットを放送局・ホールや学校などにご納入してきた経験を活かし、これを機会に一般向けヘッドセットの開発・供給に踏み切りました。長時間使っていてもストレスを感じずらい快適性、音質的な明瞭度の追求、そして高耐久性など、仕事に使う道具としての仕様をとことんまで追求した商品をご提供します。個人でも、企業導入においても、是非一度ご検討下さい。




※ 商品の詳細やご購入についてはこちらから…
https://soundwarrior.jp/?p=3686&preview=1&_ppp=280743bb19

オーディオ・音響通信機器の企画・開発から製造まで請け負います

当社では昭和の時代から音響機器の開発・生産を手掛けてきました。現在、大手ブランドでは音響機器の製造は海外が主流ですが、当社では人の感性にうったえかける部分の多い音響分野では国内生産にこだわっています。開発段階での音質のつくり込みと、生産段階での狙った品質の保証こそが私たちの存在意義です。 今まで長年培ってきた音響開発のノウハウ(感性に触れる部分)と、アナログ・デジタル技術の融合による本物の音響商品をご提供することが当社の誇りであり、このように人の感性にうったえかける商品を企画しフォーカスする企業様との協業として、OEM/ODM供給も当社の責務と考えています。是非一度ご相談ください。




※ OEM/ODMに関する詳しい情報・お問合せはこちらから…
https://www.shiroshita.com/business/index.html

購入前にその有用性が確認できる「レンタル事業」をスタート!

当社オリジナル商品をご購入前に、その利用用途に合っているかのご確認や、返品の往復送付などの無駄を排除すべく、商品のお試しとして「レンタル事業」を推し進めています。近い将来、当社商品の「買い取り、及びメーカー保証付中古販売事業」も計画しています。これらの取り組みを含め、SDGsの幾つかの目標・ターゲットをめざし、限りある資源の有効活用と持続可能な社会に向け、当社のできることを行います。



テレワーク対応ヘッドセットの緊急開発・発売!

昨年2月、新型コロナウィルスが国内に蔓延し始めた頃、「自社の持っている力で小さくとも世の中のお力になれないか!」とプロジェクトが立ち上がりました。それまで業務用に供給していたヘッドセット群を、一般向けのテレワーク用にと2カ月の短期間で開発し、急遽発売に漕ぎつけました。お陰様で本取り組みは上田商工会議所「うえだ ひと・ものお輿しの紡ぎ手」表彰をいただき、現在当社オリジナル商品として販売しています。


新型コロナ時代に対応 テレワーク需要合わせ特別賞 上田市常入 城下工業(UCV様サイト)
https://ucv.co.jp/program/tokubetsu/3255/

城下工業株式会社
住所 〒386-0015 長野県上田市常入1-1-58
担当者 城下 徹
ウェブ会議対応 zoomミーティング対応可 その他オンラインミーティング対応可


お問い合わせはこちら






企業一覧に戻る